HOME>特集>自分に合った方法を知って安心して治療を受けましょう

それぞれの特徴を知ろう

インプラントはどのような状態であってもすぐにできるわけではなく、時には骨移植が必要な場合もあります。顎の骨が十分にないとそこに人工歯根を固定しますので、治療を続けることができなくなります。骨移植の方法は何種類もありますから、その中から自分に合った治療法を選んで受けましょう。ソケットプリザベーション法は、骨を保存して再生させる治療法です。歯周病などで歯が抜けてしまったところをそのまま放置してしまうと、骨が吸収されてやせ細ってしまいます。骨が吸収される前に骨充填剤を使って骨を再生させます。骨が十分に再生されてからインプラント治療を開始する治療法です。

幅や高さがない場合の治療法

GBR法は、顎の骨の幅や高さがない場合に行われる治療法です。すでに、顎の骨の幅や高さが少ないので、骨充填剤を使って膜を張って骨が十分に再生されるのを待ちます。それからインプラントを行う骨移植の方法です。

自分の骨を使った方法

ブロックグラフト法は、インプラントが必要なのに顎の骨が足りない部分に十分に骨がある場所から移植する治療法です。自分の骨しか使わない骨移植法ですから、安全性が高いですが、骨移植のために2か所の手術が必要です。

広告募集中